Tournament article

今日は二十歳の誕生日も池村寛世(いけむらともよ)は13位タイに沈む

自身初の最終日最終組も、シャツのシワは合格点だったのだが。
前日3日目も、同じ組で回ったベテランの深堀圭一郎に指摘されたくしゃくしゃのポロシャツ。この日の晴れ舞台のための準備はぬかりなく、ピンを張ったウェアに深堀には、スタート前に「OK」をもらったのだが。

この日30日は二十歳の誕生日。スタート前に、大ギャラリーから祝福の拍手を受けても、地元鹿児島県から一家総出の応援も、「今日は全然。昨日のほうが緊張していた」と堂々としたプレーぶりで、序盤こそ丁寧にパーを重ねていたのだが・・・。

まだプロ3年目。今大会は、6月にやはりここ芥屋で行われたチャレンジトーナメント「LANDIC CHALLENGE 2015 ASSOCIA MANSION GOLF TOURNAMENT」で初優勝を飾って出場権を得た。自身3試合目のツアーで、若さが露呈した。
やはり同組の池田、深堀が絶妙な寄せを見せた8番パー3で、ラフからの脱出に失敗。3打目もまた寄せきれずにダブルボギーで失速した。

「左に引っかかってしまって。ラフから出なかった。あれは完全なミス」。10番ではボギーを叩いて、完全に2人に遅れを取って、「今日はお2人を見て回るゴルフでしたね」と、苦笑いだ。

この日は得意のドライバーこそ調子を取り戻しても、「今日は昨日と真逆で、アイアンが左ばっかり。全然ピンにも絡まず、パットも入りきらなかった」。
18番も、グリーン右奥の大きなリーダーボードの裏にボールを打ち込み、最後までドタバタだった。

ひとつのミスで、完全に流れを見失った池村の隣で、巧みにスコアを伸ばしていく池田。1番ではこの日もティショットのミスで、ボギーの出だしも「池田さんは、そこから我慢をして、バーディが来て・・・。僕だったらそのあとずるずる行っていた。アイアンのさばきとか、距離感の出し方とかマネージメントとか。とても勉強になりました」。

何もかも初体験の最終日は13位タイに沈んで次週のレギュラーツアーはフジサンケイクラシックの出場権を得ることは出来なかったが、オフに行われたJGTO主催の宮崎の強化セミナーは、この夏の1日合宿にも参加するなど、向上心は旺盛だ。次週は主戦場に戻って初穂カントリークラブで行われる「elite grips challenge」。この経験を糧に、チャレンジトーナメントでは必ず結果にコミットしてみせる!?

関連記事