深堀 圭一郎

深堀 圭一郎 (53歳)

フカボリ ケイイチロウ

Keiichiro FUKABORI

フォーラムアソシエイツ

日本

日本

プロフィール

深堀 圭一郎

 明大中野高校2年時に『日本ジュニア』を制覇した。明治大学を経てプロ入り。初シード獲得までは5年を費やしたが、以降はツアーの中核選手へと成長していった。2000、01年の『住建産業オープン広島』では続けて尾崎将司に競り勝つ。03年の『日本オープン』では最終日64で回って5打差を逆転。初の日本タイトルを手にしている。05年には賞金王を争い自己最高の賞金ランク3位に。07年と10年には選手会長を務めるなどプレー以外でもツアーの発展に尽力してきた。 長年苦しめられていた左足裏の痛みが悪化してツアーを離脱したのは09年後半。治療に奔走した末に11年には手術に踏み切った。翌12年には『日本プロ』2位などで賞金シードに復帰。4年間その座を守っていたが16年は賞金ランク102位に甘んじた。生涯獲得賞金25位以内の資格を行使して臨んだ17年もシード復帰は叶わず。50歳となる今季、再度の復活にかける。

メディア情報
公式HP
http://fukabori.jp/
    年齢
    53歳
    生年月日
    1968年10月09日
    身長
    173cm
    体重
    68kg
    血液型
    A型
    出身地
    東京都
    出身校
    明治大学
    所属先
    フォーラムアソシエイツ
    ゴルフ歴
    11歳〜
    ツアープレーヤー転向
    1992年05月29日
    ツアーデビュー戦
    1992年10月15日 アサヒビールゴルフダイジェスト
    アマチュア時代の戦歴
    1985日本ジュニア

    関連記事