谷原 秀人

谷原 秀人 (43歳)

タニハラ ヒデト

Hideto TANIHARA

国際スポーツ振興協会

日本

日本

プロフィール

谷原 秀人

2021年終盤に見事な復活劇を演じてみせた。まず『三井住友VISA太平洋マスターズ』は最終ホールのバーディで金谷拓実との接戦を制して5年ぶりの通算15勝目をマーク。中2週で臨んだ最終戦『日本シリーズ』は終盤の再逆転で前年2位の雪辱を果たした。瀬戸内高校時代に広島・松永CCのクラブ選手権で2年連続優勝。東北福祉大時代には個人のビッグタイトルはなかったが、プロ入り後に素質が開花した。03年の『マンダムルシードよみうりオープン』で尾崎将司を逆転して初優勝。05年には米国ツアーにも参戦し、06年の『全英オープン』では5位と健闘した。12年から3年連続で平均パット1位のパット巧者。16年は池田勇太と賞金王を争い2度目の賞金ランク2位になっている。17年は『WGC-デル・マッチプレー選手権』4位、欧州ツアー『BMW PGA選手権』3位など世界で活躍。18、19年は欧州中心に戦った。今季は選手会長の重責を担う。

年齢
43歳
生年月日
1978年11月16日
身長
178cm
体重
80kg
血液型
O型
出身地
広島県
出身校
東北福祉大学
所属先
国際スポーツ振興協会
ゴルフ歴
12歳〜
ツアープレーヤー転向
2001年12月23日
ツアーデビュー戦
2002年03月14日 東建コーポレーションカップ
アマチュア時代の戦歴
’97 ’98 ’99中国アマ・’98アジア大会(団体)

パフォーマンス

2022 上位スタッツ

  • イーグル率

    Rank
    33
  • フェアウェイキープ率

    Rank
    64
  • 平均ストローク

    Rank
    74

2003 上位スタッツ

  • 平均ストローク

    Rank
  • 平均パット

    Rank
  • パーキープ率

    Rank

通算成績

パフォーマンス
(アマチュア時代)

2000 アマチュア時上位スタッツ

  • 平均ストローク

    Rank
  • 平均パット

    Rank
  • パーキープ率

    Rank

アマチュア時通算成績

  • ツアー勝利数

    0
  • 18H最少スコア

関連記事