三井住友VISA太平洋マスターズ(2020年開催) 2020

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

姉ちゃんに追いついた! 香妻陣一朗がプロ8年目の初V

最終日のリーダーボードは、無観客試合がもったいないくらいに目まぐるしく動いた。特に、もつれにもつれた後半、「上りの4ホールは胃が痛くなるほど緊張した」。 だが、最後の逆転チャンスがかかった18番。勝負を決する香妻のイーグルパットは「緊張しないぐらいの近さ」。 230ヤードから、5Iで打った2打目が2段グリーンを駆け上がって入りかけ。スーパーショットで、ピンそば20センチをタップイン。通算8 ...

1差で初Vを逃した木下稜介「これが最後じゃない」

初優勝を逃した木下稜介は、ティショットのミスがボギーを呼んだ15番が悔やまれる。  ...

男子初のミレニアムVならず。中島啓太さんは2差3位

今年は祝福される立場も、一番望んでいた結果ではなかった。日体大2年の中島啓太さんはツアー史上5人目、大会は2年連続3人目のアマVを2差で逃して「昨日はたくさんの方に、応援のメッセージをいただいていたので。期待に応えられず ...

チャリティオークションを実施中

「三井住友VISA太平洋マスターズ」は11月12日~15日に、太平洋クラブ御殿場コースで開催。ディフェンディングチャンピオンの金谷拓実がプロ転向初の優勝を狙う。  ...

DAY 3

キムVS木下 イーグル締めで最終日の再戦へ

3日目の最終組は、どちらも譲らぬイーグル締め。 木下稜介が、先にピン左15メートルをねじ込んだ。 飛ばし屋のチャン・キムは、パー5でピンそばのチャンスを余裕のタップイン。 揃って通算7アンダーで、互いに首位を譲らず最終日に再び、共に最終組へ。 「グッドラック」と、労いあった。 「前半、パットが入らず苦しんだので、最後の最後に入ってよかった」と木下。 破格の飛ばし屋相手に、この日 ...

@中島啓太さんが挑む、ミレニアムなアマV

もはや、特別なことではない。ツアー史上5人目、大会は2年連続3人目のアマVへ。  ...

45コレクションにお気に入りを追加

大会は08年と15年の2度優勝。ツアー通算31勝。47歳の永久シード選手が、コロナ禍のスコア提出エリアで、半分以上も下の新人選手に頭を下げていた。  ...

DAY 2

まずは、日本のマスターズから! 木下稜介が「63」で初Vチャンス

夢見心地で2Rを終えた。木下稜介が、1イーグル、5バーディの「63」。「完璧なプレーができて、幸せな気分です」。 非の打ちどころがないスコアカードにニンマリした。 もうひとつ獲ったら改造後、パー70でのコース新だった。 「(後半の)8番もワンピンでした」。1差で取り損ねてちょっぴり無念。 数ある中でも「一番の手応え」は、後半3番のパー5。 「ティショットもセカンドも、パットも良く ...

チャン・キムがニクニクしい首位獲り

コロナ禍の隔離を経て、やっと合流した飛ばし屋が、2日目の首位にのし上がった。  ...

首位獲りは天の授かりもの 小斉平優和を奇跡が後押し

奇跡の大発見が、初の首位獲りを実現させた。  ...

谷口徹が今年の第一号を達成、…したけれど。

今季初の快挙を記録したのは52歳のベテランだった。谷口徹が、178ヤードの7番パー3で6番アイアンを使ってホールインワン。2020年の第一号となった。  ...

DAY 1

2020新顔は初の御殿場で支え、支えられ。勝俣陵(かつまたりょう)が安心の「69」をマーク

コロナ禍の今季デビューした新人は、プロとしてプレーする初の御殿場。ツアー2戦目の勝俣陵(かつまたりょう)は「まったく自分のゴルフはできませんでしたが、スコアになってよかった」と初日を「69」でまとめた。 18年大会では、この日同組で回った日大のひとつ先輩、阿久津未来也(あくつみきや)のキャディをつとめた。前年にプロ宣言したばかりの勝俣の”実地研修”。 「あの時の舞台に今度は自分もプロとして ...

大槻智春が耐えて首位発進

男子ゴルフは1カ月ぶりの、今季4戦目。しかも舞台はここ数年のコース改造で年々、難易度を増す御殿場。  ...

金谷の1日お兄ちゃん。小斉平優和の連覇阻止計画

馴染みのコースだからこそ、いつものようにできない。「前半は、地に足がついていない感じ。球が右に行っていた」と、小斉平優和(こさいひらゆうわ)は、しのぐので精いっぱい。  ...

宮本勝昌は、コロナ禍で見つけた御殿場の新たな魅力をいかに、伝えるか

ベテランの観光親善大使が2アンダー、3位タイの滑り出しに安堵した。  ...

主催者、地元の熱意に支えられ。選手一丸で、富士のすそ野を賑わせる

男子ゴルフは12日開幕の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で今季の4戦目を迎える。  ...

PREVIOUS

アマ→プロ連覇の偉業に挑む、金谷拓実

準備不足で挑む連覇もまた、大物新人の証だ。  ...

石川遼が目指す、隔離明けの大会3勝目

先月、米開催の「ZOZOチャンピオンシップ」からの自主隔離期間が開けたのが、ようやく前日10日。  ...

おかえり、チャン・キム

ワールドクラスの飛ばし屋が、やっと帰ってきた。昨季の賞金ランク4位のチャン・キムは「日本が凄く大好きなので、戻ってこられて本当に嬉しいです」。  ...

三井住友VISA太平洋マスターズは12日に開幕

「2020三井住友VISA太平洋マスターズ」は、今年も静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで11月12日から15日に開催いたします。   ...

広告