ISPSハンダグローバルチャレンジカップ 2017

大会ロゴ

大会記事

堀川未来夢は前半のバーディラッシュも後半失速で及ばず

  • photo1

堀川未来夢が、最終日のフロントナインでバーディラッシュの30をマークし、優勝を狙える位置まで浮上したが、後半の失速でトータル7アンダー、4位タイでフィニッシュした。

前半6バーディ、ノーボギー、堀川本人も優勝を狙っていた。
迎えた10番ホールで、レイアップしたセカンドショットがカート道に跳ねたのか、林の奥に。痛恨のボギーをたたき、続く11番ホールもボギーとしてしまい、流れが止まってしまった。

「アンラッキーもありましたけど、チャレンジトーナメントはボギーを取ってしまうと優勝は出来ないですから。欲が出てしまいましたね。悔しいし満足出来ませんけど、ボギー2つ分を取り返したところは良かったと思います。次に切り替えていきたいと思います。」

気持ちは前を向いている。
この悔しさを次戦以降晴らし、栄冠を勝ち取りたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告