Tournament article

兼本貴司が猛追

チャンピオンに、もっとも肉薄したのが15位タイは、首位とは11打差の通算2アンダーからスタートした兼本だった。

ボギーなしの7バーディは、今季自己ベストの65で回って単独2位に踊り出て、「久しぶりに爆発しました」と、胸を張る。

今年5月の三菱ダイヤモンドカップでプロ17年目のツアー初優勝をあげたものの、「あのときのショットはどこへ行っちゃったの、という感じで」。
その次の大会から4試合連続の予選落ちをするなど不振に陥ったが師匠とあおぐ、中嶋常幸に叱咤激励を受けながら、黙々と練習に励んできた。

その成果がこの日はしょっぱなから表れた。
「“よーいどん”のショットが、フェアウェーのど真ん中に行ってくれて」。
さらにアイアンショットも切れまくった。
ABC名物の高速グリーンも、トレードマークの長尺でお手の物だった。

「たとえば普通に打てば、10メートル行ってしまうところを長尺なら8メートルしか行かない。ヒットしても行きすぎないので、速いグリーンほど思いきって攻めていける」と、1番で奧から5メートルのチャンスも「バントみたいに打った。それがぽっこり入ってくれて。波に乗れた」と、そこから怒濤の4連続バーディで一気にスコアボードを駆け上がった。

首位と3打差まで詰め寄って、迎えた最終18番パー5はしかし、無欲だった。
最初の大量差に、「どうやっても追いつかない」と潔く、池越えの第2打はライが悪かったこともあり、迂回コースのフェアウェーに確実に刻んで手前5メートルのバーディトライ。

惜しくも外したが、初優勝後の今季のベストフィニッシュに「今年はもうひとつくらいは勝ちたいね」と戦い終えてから、ようやく色気も出てきた。
しかし、すぐに打ち消して、「まだショットは好ましくないから。まだまだ手探りが続くのかな」と思案顔で、「まあ、俺の場合は一生、手探りかもしれないけれど」と、おどけて笑った。

関連記事