Tournament article

一時は首位に立った平塚哲二 「あきませんね…」

前半の18番で、バーディパットをわずかの差ではずし、渋い顔の平塚
「あきませんね…。ショットがパラパラで、疲れましたよ。
ショートアイアンはいいんですけど、ミドルアイアンがおかしくて、乗せるだけのゴルフになってしまいました。
バーディチャンスについてませんもん。
パターを、前のエースに戻したんですけど、だめでした。
明日は…そうですね、自分のゴルフをするだけですかね。そうすれば、いいところに行けるかもしれませんしね」

関連記事