Tournament article

馴染みの客は賞金王。「61」で上昇。今平周吾は「2週連続優勝したい」

夢の2週連続優勝へ。今平周吾が追い上げにかかった。

 唯一ピンチらしいピンチの15番でも右林から木々を抜き、見事3メートルに乗っけて切り抜けた。



この状況から3メートルのチャンスへ。「超人だよ」とは、撮影されていたカメラマンさんの証言です


もっとも長いチャンスでも13番の3メートルとショットが冴えて、9番の3連続バーディから折り返した10番では205ヤードを4アイアンでピン1メートルにくっつけイーグルを奪った。

 先週の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」は、直前の胃腸炎で体重を減らしながら、タフな大洗で通算6勝目を飾った。

 Vの余韻も含めて「昨日までちょっと疲れがありましたけど、昨日は8時間くらい寝て、今日は意外と普通にできた」と、回復に合わせてスコアも爆発。

 

昨年誕生した国内唯一のプロアマ形式戦は、今年の第2回が初出場だった。

予選2日間のダブルス戦は、アマからプロにアドバイスも出来るなど、「この大会は一緒に回るアマチュアの方と楽しくプレーすることが大事」と、心がけたが土日のスクラッチ戦は、アマチュアのレベルも格段に上がり、「みなさんも集中されている」と、真剣モードに合わせて自身も急上昇だ。

 

今大会主催のゴルフパートナーのネットショップでこのオフも、中古のクラブヘッドを買い物したヘビーユーザー。

2週連続優勝は、もちろん「難しいこと」だが首位とはわずかに2打差。

「やってみたい。明日も今日くらいのスコアは必要。明日も、1日伸ばしたい」。

馴染みの客が、偉業に挑む。 

関連記事