Tournament article

14日開幕「関西オープン」星野陸也の連覇大作戦

2022年の第3戦「関西オープンゴルフ選手権競技」は14日に開幕。

 

今年の舞台は、前身のゴルフ日本シリーズや、よみうりオープン、ミズノオープンなど、数々の名勝負を生んできた兵庫県西宮市のよみうりカントリークラブだ。

 

関西の名門で、アマ24人を含む150人がしのぎを削る。

 

前回の2021年大会は、星野陸也がその年賞金王のチャン・キムを逆転。コロナ禍の開催延期を挟んで、19年大会に日大先輩の大槻智春とのプレーオフの末に2位と惜敗した雪辱を、ツアー通算4勝目で晴らした(現在通算5勝)。

 

昨年は風の中でフェード、ドロー…と、器用に球を打ち分け接戦を制した。

 

今季は世界を視野に、さらに高みを目指して連覇を狙う。

 ミリ単位でこだわる自称クラブおたくは従来の50度、52度、59度に加えて新たに56度のウェッジを投入。

 

代表をつとめた東京五輪など、昨季は国際舞台での活躍場を増やして実感した。

 「今まで52度で打ち分けていましたが、やはり海外に行って、ラフに入ったとき、上から落とさなきゃいけない。PGAツアーの選手はみんなやっている」と4本のウェッジで、要の小技に磨きをかける計画だ。

 

また、「昨年以上に球筋を打ち分けて、いいプレーがしたい」と課題のドロー打ちにも精を出し、データ収集にも余念がない。

 

「前半で優勝を積み重ねて今年は海外へ。ポイントを積み上げてメジャーにも出られるように」と、2週前の国内初戦「東建ホームメイトカップ」は、首位と1差の3位につけた。

 「良い流れに乗って、今週は連覇を目指して頑張ります」。

 

大会初日は19年大会で敗れた大槻と同組。

当時の悔しさも勝負の糧。今年もチャンスは逃さない。



初日の組み合わせ


先輩の大槻(右)を称えた3年前。2人とも若い??©JGTOimages

関連記事