カシオワールドオープン 2009

大会ロゴ

大会記事

今週は、もうひとつの戦いが…

  • photo1
  • 宮本が
  • photo2
  • photo3
  • 丸山が。賞金ランキングは25位以下の選手たちが、次週の出場権を賭けて水面下で熱き戦い

今週は、賞金王争いと、シード権争いの水面下でもうひとつ、熾烈な戦いが繰り広げられている。次週の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の出場権争いだ。

今大会の賞金総額は今年、6000万円アップの2億円。
「例年にも増して、どの選手にも大きな鍵を握る1戦になった。みんないっそう目の色を変えて来た。主催者のみなさんに感謝したい」と、選手を代表して頭を下げた選手会長もまた「鼻息を荒くして来た」。

次週のツアー最終戦は、今年のツアー優勝者と国内のみの賞金ランキングは上位25位までの選手にしか出場権がない。

現在、同ランクは31位の宮本が、最後の頂上決戦に駒を進めるには、今週、最低でもトップ5入りはしておきたい。
同ランクは30位の宮里優作が、初日を単独首位でスタートしているから、なおさら気合いを入れたいところだ。

そして、この日は宮本と同じく3位タイにつけた丸山茂樹もまたしかり。
現在、国内の賞金ランク26位は、次週の出場権まであと一歩。

「プロとしてはやはり、毎年そこにいられるだけの位置は最低でもクリアしておきたい」と言い、「日本シリーズにはなんとしても出たい」とかねてより公言しているだけに、まさにここが踏ん張りどころだ。

幸い、ここにきて「ショットは絶好調」と言い切れる。
長いことドライバーイップスに苦しんできた40歳は、「自分でも、なんでだろうと思うくらい良いんです」と、笑みもこぼれる。
今週は、アメリカで離れて暮らす長男・奨王(しょうおう)くんが、3ヶ月ぶりの帰国。
「ここに来る前に、食事をしたりして良い時間を過ごせたから」。
パワーをくれた息子に、ぜひ良い報告がしたい。









» 前のページに戻る

関連記事

広告