日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

「これをきっかけに、治ればいいね」

  • photo1

湯原信光が16番でホールインワン


 歓声がコースに轟いた。
 16番。8番アイアンで打った湯原のティショットは、ピン手前に落ちると、軽く2バウンドしてカップイン。自身、試合では3度目のホールインワンだ。
 しかし、上がってきた湯原の表情は、苦しげだった。
 「先週から、首の左側が痛くて痛くて…。こっち(左)にまったく曲げられない。バックスィングでも、首が突っかかる感じでつらかったから、16番でも力をいれず、軽目に打ったらそのまま入っちゃって…」
 と話す間も、首をスリスリとさすり続けた。


 エースの達成も、それまでのオーバーパーの足しにはならず、通算8オーバーで予選落ち。
 「帰って、治療に専念します。…ホールインワンをきっかけに、首が治ればいいなあ」と、湯原は、ホールインワン賞の200万円を手に、コースを去った。

» 前のページに戻る

関連記事

広告