日本プロゴルフ選手権大会 2001

大会記事

「今週こそ勝ちたくて…」

  • photo1
  • photo2
  • 優勝の瞬間、4日間支えてくれたキャディと抱き合う。「ウィニングボールは、彼にあげるつもり。だって、本当によくしてくれたんだ。今回は彼のおかげさ」

ディーン・ウィルソンは今大会、初出場でのV。先輩のデービッド・イシイ以来14年ぶりの快挙


 勝てば日本ツアーでの5年シードが与えられるが、ディーンがなんとしてもこの大会で勝ちたかった理由は、それだけではない。
 尊敬してやまない、同郷のハワイ出身のデービッド・イシイ。
 ゴルフをはじめて間もないころは、「彼のスィングリズムを盗もうと必死だった」と打ち明けるほど憧れの人。
 そのイシイが、外国人として初の賞金王になった87年、初出場にして初制覇を成し遂げたのが、この大会だったのだ。
 ディーンも、今大会、初出場でのV。
 イシイ以来、14年ぶりの快挙達成だ。
 日本ツアーで14勝の実績を誇る先輩に、一歩、近づけたことに、ディーンは一番の充実を感じているようす。


 「ジュニアのころ、イシイさんが、中日クラウンズに勝ったシーンを見たことがあります。そのとき、クラウンズが、どんなに歴史と伝統のある大会かを知りました。
 その大会で先月、3日目トップに立っていたのに最終日に逆転されて、本当に悔しくて…。
 だから、今週のこの試合こそ、勝ちたいと思って来たのです。
 本当に良い試合で勝つことができました。嬉しいですね」


 またひとつ、夢をかなえたウィルソン。
 着実に、階段をかけ上がっていく。


» 前のページに戻る

関連記事

広告