中日クラウンズ 2001

大会記事

「明日も我慢のゴルフ」

  • photo1

2位のディーン・ウィルソン


 「今日のピンポジションは非常に難しく、6箇所ほど、直接ピンを狙っていけないホールもありましたね。
 1番、8番ホールのボギーは、ムリしたわけではないんですが、ピンをダイレクトに狙っていって攻めきれず、グリーンをはずしてしまいました。
 昨日より、ショットの感触はよかったんですが、狭いところに落とさなければならないホールでは、攻めきれず、パットも決められなかった。
 17番は、9メートルくらいのバーディパット。幸運にも沈められたけど、クラークも同じようなパットを入れてきて、思わず互いに笑い合ってしまった。
 明日も、今日のようなピン位置だと、我慢のゴルフになるでしょう。でも、世界クラスのクラークとの戦い。楽しんでゴルフをしたいと思っています」

» 前のページに戻る

関連記事

広告