~全英への道~ミズノオープンゴルフトーナメント 1999

大会記事

「もう一度やりたいけど・・・」/通算12アンダーで敗れた渡辺司

  • photo1

 通算13アンダーまでスコアを伸ばし、首位スタートのエドアルド・エレラに並んで迎えた17番(410ヤード・パー4)。第2打落下地点にバンカーがせりだしたホールで、「バンカーか、フェアウェー。どちらでもいい」と放った、渡辺司のティショットはラフの中。ラフからの第2打は、グリーン手前のバンカーへ。
そこからピンまで3メートルで、寄らず入らずのボギーとしたところで、渡辺の全英キップと、94年よみうりオープン以来、6年ぶり、4度目の勝利はならなかった。

渡辺司の話
「悔しいからもう一度やりたい、といってもやらせてもらえるわけじゃない。
エレラとか(横尾)要とか、じゃなく、誰が敵とかいって相手は見ないで、きょうこのコースをまわってるすべての人の中で、自分が一番いいスコアで上がってくればいい、と思ってスタートしていったけど、仕方ないね」

» 前のページに戻る

関連記事

広告