アジアパシフィック パナソニックオープン 2013

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 09/29 14:52
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -9 川村 昌弘 7
-4 FIN 69 68 71 67 275 ¥30,000,000
2 -8 S・J・パク 2
-1 FIN 71 67 68 70 276 ¥16,500,000
3 -7 Y・E・ヤン 46
-2 FIN 71 68 69 69 277 ¥11,550,000
4 -5 梁津萬(リャンウェンチョン) 29
-3 FIN 73 71 67 68 279 ¥6,350,000
-5 B・ケネディ 11
-1 FIN 72 66 71 70 279 ¥6,350,000
大会名称
アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン
開催回数
第6回
開催期間
2013年09月26日~09月29日
開催コース
茨木カンツリー倶楽部 西コース
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
アジア太平洋ゴルフ連盟(APGC)、パナソニック株式会社、公益財団法人日本ゴルフ協会
特別協賛

協賛

後援
文部科学省/大阪府/茨木市/TBSテレビ

特別後援

協力
茨木カンツリー倶楽部/関西ゴルフ連盟/
大阪府ゴルフ協会/茨木市ゴルフ連盟/毎日放送

特別協力
一般社団法人日本ゴルフツアー機構/アジアンツアー
賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
パナソニック製品一式 提供:パナソニック株式会社
ローアマ
ローアマチュア パナソニック杯、アジアパシフィックオープン杯
セカンドアマチュア アジアパシフィックオープン銀皿
サードアマチュア アジアパシフィックオープン銀皿
特別賞
  • ホールインワン賞
    14番H(181yds・決勝ラウンドのみ/該当者全員)
    住宅用創蓄連携システム(太陽光発電システムHIT240α&リチウムイオン蓄電池ユニット) 提供:パナソニック株式会社
  • アルバトロス賞
    2番H(537yds)、13番H(524yds)、18番H(542yds) 決勝ラウンドのみ/該当者全員
    家庭用燃料電池エネファーム 提供:パナソニック株式会社
  • ベストスコア賞
    期間中を通してベストスコアの者/複数均等割
    賞金50万円 提供:茨木カンツリー倶楽部
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
11番ホール 18番ホール
出場選手
132名

※高校生以下無料(ご入場の際、学生証をご提示いただきます。)
※前売り券および当日券は共に売り切れる場合がございます。前売り券をお早めにお買い求め下さい。
※ギャラリー駐車場はご用意していませんので、公共交通機関をご利用ください。

前売り券

各日共通券4枚綴り
※期間中4日間有効となっており、家族・友人4人で1日観戦したり、2人で2日間観戦することも可能です。
【価格】 10,000円

当日券

9月26日(木)・9月27日(金) 3,000円
9月28日(土)・9月29日(日) 4,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2013年09月27日 14:00~15:54 Round 2 BS-TBS
2013年09月28日 14:00~15:24 Round 3 TBS系全国ネット
2013年09月28日 19:30~20:54 Round 3 BS-TBS
2013年09月29日 15:30~16:54 Round 4 TBS系全国ネット
2013年09月29日 19:30~20:54 Round 4 BS-TBS

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ

5.2
24.9
2,695人
DAY2: 晴れ
南南東
1.8
23.6
3,020人
DAY3: 晴れ

3.9
26.7
5,298人
DAY4: 晴れ
東南東
3.0
26.7
7,583人

今年のアジア太平洋地域のNO.1は川村昌弘【インタビュー動画】

今年のアジア太平洋地域のNo.1決定戦で頂点に立ったのは、2年前に高校を卒業したばかりの20歳。川村が土壇場で、逆転のツアー初優勝を挙げた。「日本オープンと1、2を争うくらいに勝ちたかったのがこの試合」。将来は、世界を股にかけて戦うのが目標だ。それだけにアジアと日本と、両ツアーのシード権が得られる今大会は「そのことが一番嬉しい」と、何より飛躍のチャンスに喜んだ。 首位と2打差の2位タイから出 ...

DAY4

S・J・パクが今季2勝目を逃して涙

表情ひとつ変えずに、入ったスコア提出所。貞方が、先にチェックを済ませて出て行き、部屋には母国の大先輩と2人きりになった。  ...

DAY4

キャプテン・ヤンが、単独3位に

実質2004年から2008年までを過ごした日本ツアーは4勝。2009年の全米プロ覇者は、5年ぶりの日本で、次の5勝目には届かなかったが、メジャーチャンプがやはりさすがだった。  ...

DAY4

小林正則も「寂しくて仕方ない」

最後の9番ホールは、手前から4メートルのバーディチャンスを是が非でも入れて、ディフェンディングチャンピオンも自分なりに“有終の美”を飾りたかった。しかし、ボールはわずかにカップを行きすぎて、186センチの長身をぐったりと ...

DAY4

地元の子どもたちも“有終の美”

アジアと、日本と、両ツアーのトッププレーヤーがしのぎを削る今大会は、子どもたちにとっても広い世界を垣間見る、またとない機会となった。いよいよ最終日はいままさに、1番ティからスタートしていく選手たちと、地元ジュニアが手と手 ...

» 前日までの記事をみる

Photo Gallery / DAY4

広告