ダンロップフェニックストーナメント 2012

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 11/18 14:33
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -16 L・ドナルド 24
-3 FIN 65 64 71 68 268 ¥40,000,000
2 -11 @松山 英樹 -
-4 FIN 70 67 69 67 273 ¥0
3 -10 小田 孔明 8
-7 FIN 73 70 67 64 274 ¥20,000,000
4 -9 藤田 寛之 1
-1 FIN 69 66 70 70 275 ¥11,600,000
-9 B・ジョーンズ 3
0 FIN 65 72 67 71 275 ¥11,600,000
大会名称
ダンロップフェニックストーナメント
開催回数
第39回
開催期間
2012年11月15日~11月18日
開催コース
フェニックスカントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
住友ゴム工業
フェニックスリゾート
毎日放送
特別協賛

協賛

後援
宮崎県、宮崎市、日本ゴルフ協会、九州ゴルフ連盟、日本ゴルフトーナメント振興協会、全日空、
宮崎日日新聞社、宮崎放送、JTB、宮崎交通
特別後援

協力

特別協力

賞金総額
200,000,000円
優勝賞金
40,000,000円
優勝副賞
メルセデス・ベンツ 
S350 BlueEFFICIENCY Grand Edition
宮崎県知事賞:宮崎牛1頭分
ローアマ

特別賞
  • コースレコード賞
    ※現在61ストローク(1999年 丸山茂樹)
    賞金:¥500,000
  • ホールインワン賞
    ※3、6、11、17番ホール
    賞金:¥300,000
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
04番ホール 12番ホール
出場選手
84名

※料金は全て消費税込。
※18歳以下(但し大人同伴)、70歳以上(証明するものを提示)は無料です。
※デイリーチケットの日程変更について…指定日より以前の日に変更入場することができます。但し、差額払い戻しは致しません。
 指定日より以後の日に変更入場することができますが、入場当日券との差額をお支払い頂きます。

前売り券

ウィークリーチケット〈各日共通券4枚綴り〉
プロアマチャリティ観戦招待券1枚付き(11/14)
2013年ダンロップフェニックスポスターカレンダー引換券付き
※11/14(水)~18(日)各日共通券4枚(期間中各日1枚1名有効)
「プロアマチャリティ」、「予選ラウンド」、「決勝ラウンド」がご覧頂けます。

デイリーチケット プロアマチャリティ3000円、予選ラウンド4000円、決勝ラウンド5000円
【価格】 15,000円

当日券

11/14(水)プロアマチャリティ 4,000円
11/15・16(木・金)予選ラウンド 5,000円
11/17・18(土・日)決勝ラウンド 6,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2012年11月17日 14:00~15:54 Round 3 MBS発JNN24局ネット
2012年11月18日 15:00~16:54 Round 4 MBS発JNN24局ネット

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ
西
3.8
15.2
3,092人
DAY2: 晴れ
南西
0.8
15.9
3,677人
DAY3: 曇り
西南西
6.9
17.1
3,405人
DAY4: 晴れ
北北東
1.2
15.6
8,233人

ルーク・ドナルドが日本ツアー初制覇

大会は2日目にして、すでに4打差の独走態勢は、ついに崩れることはなかった。最終日は7番でイーグルを奪うなど一時は6打差をつけてしまえば、9番からの連続ボギーも、接戦にすらならない。 誰にも陰さえ踏ませなかった。英国出身のルーク・ドナルドが、4日間とも首位を走り続ける完全優勝で、日本ツアーを初制覇した。 最終18番も、ラフからの2打目を丁寧に刻み、ロブウェッジで3メートルのバーディチャンスも ...

DAY4

松山英樹さんが2位、ツアーは4戦連続のトップ10にも「喜べない」

史上初のアマチュア連覇を狙った先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」に続く、2週連続のトップ5だ。  ...

DAY4

小田孔明が3位に急上昇

ダンロップと契約を結ぶホストプロが、急浮上した。前日の14位から、最終日はこの日のベストスコアの64をマーク。やにわに単独3位に食い込んだ。  ...

DAY4

藤田寛之は4位に

「賞金王は、モチベーションにはならない」とかねてより話している本人には、競い合っているという自覚はないかもしれないが、今週の賞金レースも、ひとまず藤田に軍配が上がった。  ...

DAY4

武藤俊憲は連覇を逃すも最終日に65をマーク

ディフェンディングチャンピオンは、最終組のリーダーが、ちょうど12番をプレーする頃に上がってきて悔しがった。  ...

DAY4

今週、もっとも飛ばした男。アルバロ・キロスは6位

世界ランカーが集う今年のダンロップフェニックスは、優勝争いのほかに、もうひとつ選手や関係者の間で注目された戦いがあった。  ...

» 前日までの記事をみる

広告