Tournament article

今週の熊本県勢は

来週も頑張ろう!!
18番は、揃ってしっかりバーディで締めた。初日に、国内開幕戦から2週連続の首位で飛び出した永野竜太郎。結局、3位タイにつけた先週の国内開幕戦のようにはいかなくとも、9位タイで踏ん張った。14番で、イーグルトライを外したのは惜しかった。「でも、その分連続バーディも獲れたし、熊本はまだまだ不安だし、心配だけど、自分はゴルフで少しでも良い報告が出来るように頑張る」。

やはり最終ホールで奥のカラーから、長いバーディトライを決めた重永亜斗夢は「今日は、4日間で一番、良いスコアで上がれて良かった」。熊本で不安な日々が続く家族もやっと、夜は家で休めるようになったといい、「自分も少し安心しました」と、少しずつでも落ち着きを取り戻しつつある。

永野も、重永もひとまず次週の中日クラウンズまで、熊本には戻らないことに決めた。女子ツアーの「フジサンケイレディス」は最終日まで熊本勢が健闘し、そして高校時代を熊本で過ごしたというベテラン、大山志保さんが大会を制した。
「自分もみなさんと力を合わせて頑張りたい」と永野。
重永も「自分も頑張るので、みなさんで熊本を盛り上げていきましょう」と呼びかけ、引き続き自身の健闘を誓った。

関連記事