Tournament article

ブランド・スネデカーは25位タイに

世界ランク21位のホストプロは、最終日に精彩を欠いた。ショットの不調が響いて、14番ではダブルボギーを打つなど、この日はオーバーパーに終わって、25位タイに沈んだ。

11年と、14年に続く3度目の出場は、スポンサーにも報いたいと優勝だけをにらんで来たが「残念ながら、あんまり良いゴルフが出来なかった」と、悔しがった。

今年は、若手異色のブライソン・デシャンボーと共に来日して、揃って大会に花を添えるはずが、デシャンボーは初日に棄権を余儀なくされるなど、週末に米ツアーの2人でV争いとはいかなかったが、トークショーに参加した前日の土曜日に続いて再び会場を訪れたデシャンボーと共にこの日はサイン会を開いたり、キッズエスコートで日本のジュニアをふれ合うなどスネデカーもせめてファンサービスで日曜日の袖ケ浦を盛り上げていた。

    関連記事