Tournament article

ホストプロは17日の初日が誕生日! 石川遼が今季初参戦

今年からお目見えした16番ティーインググラウンドの巨大なANA看板の前で豪快ショット!
大会の開幕と同時に、24歳になるホストプロが記念日に、輪厚に帰ってきた。主催のANAとスポンサー契約を結ぶ石川が、このホスト試合で日本ツアーは今季の初戦を迎える。

「非常に楽しみにしています」と、本人も期待に高まる胸。
「頑張って大会を盛り上げたい気持ちが強い」と、恩返しに燃えている。

主戦場の米ツアーで苦しみ、今季は土壇場で「かろうじてシードを取った」。世界ランクも大きく順位を下げており、本人には当然、納得のいくシーズンとはいかなかった。

「それでも、今週は久しぶりに日本に帰ってきて、いろんな方にご挨拶をして。中嶋さんにもお会いして。今年もよく頑張ったと声をかけていただいた」と、敬愛するトミーからの労いの言葉には、ひとつ救われた思いがした。

米ツアーは来月15日からまた早々に来季シーズンが始まるが、年間で5試合の出場義務を果たすためにも、日本ツアーはこれから体調とスケジュールが許す限り、出られるだけ出たいと話しており、日本で首を長くして待っておられた遼ファンのみなさんにとっても、ここ輪厚が2015年の石川の“開幕戦”。

今大会は、6回出場して2010年の12位が最高。いよいよ今年は大会初制覇で悲願のホストVなら、最高の“スタートダッシュ”が切れる。

関連記事