Tournament article

キレてないっスよ!? 岩田寛は「幸せ者」

丸1年ぶりのトップ10入りに「キレれなかった4日間も、覚えていないくらい久々」。

無類の完璧主義者は小さなミスも許せず、カっと来て、何度その後のプレーを台無しにしてきたか。

そのたびに届く叱咤激励のメール。
「いろいろな人からLINEで『キレるな』って来る・・・。キレそうになると、そういう人たちの顔が浮かんでくる」と今週は何よりの抑止力になった。

この日もどうにか踏みとどまれた。
ワンオン狙いの15番。
ティショットがカート道で跳ねて、ボールはあらぬ方向に飛んだ。
池ポチャのダブルボギーに、「あそこは本当にキレそうになりましたけど・・・」。
こらえて最後の最後に18番では、「ずっと入らなかったので。外れる、と思ったのが入ってくれた」と、2メートルのチャンスが思いがけずに決まって単独3位に潜り込めた。1155万円を加えて、賞金ランキングは91位から、29位に浮上。一気に、シード権が確保できるほどの額を稼いだ。
「回りの人たちのおかげですね。心配してくれて、この歳になっても叱ってくれる。幸せものです」。
課題のパットが決まらないなりに、上位で踏みとどまることもできた。
「そういうのも初めてです。新しい自分を発見できました」。
新境地のヒロシの今後が楽しみだ。

関連記事