Tournament article

金庚泰 (キムキョンテ)は復帰初戦で単独3位

3日連続のイーグル締めなら、チャンスもあった。2打差で迎えた18番のパー5はしかし、ティショットを左のバンカーに入れた時点で、鬼の負けだった。

それでも、最後まで果敢に攻めた。
バンカーからグリーンを狙った2打目はしかし、球が高く上がりきらずに土手を直撃。近くのラフに出ただけの3打目を、直接カップインさせることはもはや、奇跡を期待するしかない状況だった。
グリーン右のバンカーに入れた時点で、すでに一つ前で上がっていた小平に勝利を譲った。

前半は7番からの3連続バーディで、一度は単独首位に踊り出たが、後半の失速に「今日は、ショットもパットも悪かった」と、特に立て続けにラフに入れた15番と16番を悔やんだが、「それでも久しぶりに帰ってきてこの結果は良かったです」。

米二部のウェブドットコムツアーの入れ替え戦で、9月から留守にしていた日本ツアーで、戻ってくるなり単独3位。
今季4勝目もあと一歩だった。
いない間に賞金1位は譲ったがこの勢いを見る限り、賞金レースはここから混迷を極めそうな気配だ。

関連記事