カシオワールドオープン 2014

大会ロゴ

大会記事

冨山聡が土壇場のシード権確保!(※来季シード権のボーダーラインについて)

  • photo1

つくづくと、土壇場に強い男だ。冨山がこの単独2位で、いわゆる「第一シード」の賞金ランク上位60人に潜り込んだ上に、同36位で今シーズンを戦い終えた。来季から、出場資格が大幅に改訂されて、今年はボーダーラインが2つ発生した中で、冨山は今大会を、上位61人から同75人目までのいわゆる「第二シード」にもギリギリの、賞金ランク79位で迎えていた。
まさに「崖っぷち」で今大会をスタートさせた。

やはり、このカシオワールドオープンでは最終日、最終ホールのバーディで、一発大逆転の初シード入りを果たしたのは2011年。
今回もまた、土壇場の大躍進に「家族にも、胸を張って報告できます」。

今年は手首の故障もあり、女子プロゴルファーで妻の礼奈さんにも心配をかけただけに、「今年はしんどかったけど、結果的には満足してます」。
この日は2番でボギーが先行したものの、上位陣も伸び悩み、大混戦の最終日は「1オーバーでも、僕のスコアがリーダーボードに載っていて。終盤は一つでも伸ばしていこうと、落ち着いてやれた」。
そのうえ、師匠と慕う片山晋呉がひとつ頭抜け出して「単独2位を狙おう」と、17番ではベタピンのバーディで、粘った。
土壇場のシード確保に、師匠を大いに喜ばすことも出来た。

※来季の“シード権”について
来季の“シード権”はまず、賞金ランキングの上位60人までをまずひとつのボーダーラインとし、1年間の出場優先順位を与える。
さらに、2つめのボーダーラインは、同61人から75人まで。この10人には1年間の優先出場権を得られるが、秋に行う出場優先順位の組み替えのとなるフォールシャッフルの対象選手となる。

カシオワールドオープン終了時の賞金ランキング

なお、賞金ランク22位の松山英樹と、同74位のJ・クヌートン、同77位のジョーダン・スピースは、出場義務試合不足のため、賞金ランキングの対象外選手となる。よって、同61位の塚田好宣までがまずひとつめのシードのボーダーライン。
そしていわゆる「第二シード」は、同62位の永野竜太郎から同78位の深堀圭一郎までとなる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告