カシオワールドオープン 2009

大会ロゴ

大会記事

宮里優作がアルバトロスを達成

  • photo1

きゅうきょ、列席が決まった表彰式。受け取った賞金50万円は、当初は予定がなかったものだった。主催者のご厚意で思いがけない“ご褒美”をいただいて「ちょっと恥ずかしい……」と、照れまくった。

最終日の最終ホールで、アルバトロスを達成した。
260ヤードの第2打は、5番ウッドでカップイン。
2005年の日本ゴルフツアー選手権は最終日の6番ホールに続く、自身2度目の快挙達成は図らずも、おかげでシード入りを決定づけた横田真一を喜ばせ、兄の聖志を怒らせて……。
「おめでとう。でも、お前のせいで俺の順位落ちたやん」と、冗談交じりに責められ苦笑い。

自分としても、今大会は初日に単独首位でスタートしていただけに、「アルバトロスよりも、優勝のほうが良かった」と、つい本音もこぼれ出た。
チャンピオンとして、表彰式に臨めなかったこと。
また、次週のゴルフ日本シリーズJTカップは権利がある国内のみの賞金ランキングで25位に食い込めなかったことも悔しいが、今季最後の1打としては、申し分のない手応えだった。
「あの感触をいつまでも忘れずに、来年こそは……!!」。
誰よりも初優勝が待たれる宮里家の次男は、アルバトロスをきっかけに、思いを新たにしていた。



» 前のページに戻る

関連記事

広告