コカ・コーラ東海クラシック 2004

大会ロゴ

大会記事

今井克宗「最後くらい、カップに届かせよう」 18番のバーディパットで細川に追いついてプレーオフ

  • photo1
  • 18番のバーディパットはど真ん中からカップイン。今井は、グリーンを駆け回らんばかりに喜んだ。
  • photo2
  • 「これで2位は確実だし!」プレーオフ突入にもノンプレッシャー。
  • photo3

終始、飛びすぎのアイアンショットとは逆に、この日はパッティングが打ち切れない。
13番で、13メートルのバーディチャンスを3メートルもショートさせて3パット。細川に並ばれた。

さらに逆転を許した直後の16番パー3で、細川がピン手前3メートルにつけたとき、「これで負けた」と、いったんは勝負を諦めた。

だが目の前で細川が、その絶好のバーディチャンスを外したとき、
「まだ、可能性はあるかもしれない」。

もういちど、気持ちを奮い立たせて1打ビハインドで迎えた18番は、第2打を手前8メートルにつけた。

バーディパットを打つ直前、我知らず、キャディの小田美奈さんにつぶやいていた。
「絶対にこれ、入れなくちゃ」。
「そうですね」。
「最後くらい、カップに届かせよう」。

鬼の形相で読んだラインは、カップから1メートル以上も切れるスライスライン。
思い描いたとおり、ボールがど真ん中からカップに沈んだとき、小躍りしながら今井は思った。
「これで2位以上は確定! あとはダボでも、何でもいいっ!」。

良い意味での開き直りが、このあとの好結果を生んだ。


» 前のページに戻る

関連記事

広告