記事

宮城県女川町に時松、阿久津、桂川が訪問

ゴールデンウィークの最終日となる5月8日(日)。宮城県女川町にある女川スタジアムを訪れたのは青木功会長をはじめ、時松隆光、阿久津未来也、桂川有人の3人のプロ。この日行われたのは『ゴルフで宮城県を元気に!スナッグゴルフ体験会in女川町』

『JGTOキッズゴルフ応援プロジェクト supported by リシャールミルジャパン基金』の一貫で女川町へのスナッグゴルフの寄贈と共に女川町のキッズをはじめとする町民の皆様へのスナッグゴルフ体験会が開催された。

寄贈式では女川町長の須田善明氏、教育長の平塚隆氏より感謝の意が伝えられた。また『JGTOキッズゴルフ応援プロジェクト』を支援いただいているリシャール・ミルジャパン代表取締役社長の川﨑圭太氏も、震災後長年に渡りRICHARD MILLEとして女川町の支援活動を行っているご縁もあることから、現地に赴き女川町の皆様に激励の弁を述べた。

参加者の中にはスナッグゴルフ初体験というキッズ達も多く、時松、阿久津、桂川の3プロに加え仙台市を中心に活動する後藤美希子プロにもサポートいただき、握り方から振り方の基本まで丁寧に指導していただき、最後にはプロとキッズの直接対決が行われるなど、イベントは終始和やかな雰囲気で行われた。

また、3人のプロに関するクイズ形式のプロフィール紹介なども行われ、司会を務めた宮本ムサシ氏の軽快なトークのもとイベントは大盛り上がり。プロゴルファーを身近に感じることができる連休最後の良い思い出になったのではないだろうか。

時松、阿久津、桂川の3プロも、スナッグゴルフに一生懸命に取り組み、そして楽しそうなキッズ達から逆にパワーをもらうことができたとイベントを振り返っていた。

「また必ず女川町に戻ってきて、皆さんと楽しみたいと思います。待っていてください」(時松隆光)


ゴルフで宮城県を元気に!スナッグゴルフ体験会in女川町』

イベント映像は「コチラ」からご覧いただけます。






関連記事