Tournament article

ディフェンディングチャンピオンとポール・ケーシーは揃って12位

連覇を狙った片山晋呉は、招待選手のポール・ケーシーと並んで通算5オーバー12位タイに終わったが「ゴルフの内容は良かったが、ちょっと噛みあわせが悪かっただけ」と、悔しさはない。

今年掲げた目標は、4年連続の賞金王と永久シードが得られる通算25勝に到達すること。
達成まで「あと4勝」だ。
「まず1試合1試合、勝とうと思ってやる」。
強気の姿勢は変わらない。

一方のケーシーは、「非常に苦しかったのと同時に、とても楽しい1週間になりました」と話した。
目標のトップ5入りは実現しなかったが、それでも上位でのフィニッシュに「今まで日本でプレーした中で、もっとも記憶に残る大会になった」という。

大勢のギャラリーと、タフなセッティングが印象に残った和合コース。
「ぜひ、また挑戦したい」と言い残して帰国した。

関連記事