Tournament article

谷口徹が、4日間首位を守って大会初制覇、ツアー通算8勝目は、2年ぶりの復活優勝

18番ホールで、谷口が舞った。
奥から4メートルのパーパットを決めた瞬間、両手を空へと高く突き上げた。その姿勢のまま身をひるがえし、3歩、4歩とステップを踏む。

復活の舞。

その最後の締めは、やはり、トレードマークのガッツポーズだった。

優勝の興奮が去ると、やがて静かな喜びが訪れた。
拭っても、拭っても、あとからあとから頬をこぼれ落ちていく。

涙が、止まらない。

4日間、首位を走り続けた重圧。最終日はこの週、いちばんの強風が吹き荒れた。海からの風に翻弄されて、数え切れないほどのピンチを迎えた。
突き放した、と思ったら追いつかれた。

息詰まる接戦。
苦しい、・・・ほんとうに苦しい戦いだった。

難コースと真正面から向き合って、激戦を制した。ただひとり、アンダーパーをマークして、日本一の座についた喜び。

「いろんなプレッシャーとか、これまで大なり小なりいろいろあって。それを克服して勝てた自分に、満足感がある」。

賞金王に輝いた2002年から、遠ざかっていた勝ち星。その年末にはふいの病に倒れ、ゴルフどころか普通の生活をするのも精一杯、というつらさも経験した。

ようやく復帰しても、再発の不安から、ゴルフに対して以前のような情熱を感じることができない。
そのうち、どんどんと新しいヒーローが誕生していった。
「俺ももう、過去の人なのかも」。いつしか、優勝候補から自分の名前が消え、誰にもマークされなくなったことを自覚した。

いちど、頂点に立ちながら「落ちるところまで落ちた」。その屈辱が、再び谷口の心に火をつけた。

「また1番になって、みんなを見返してやろう」。

そんな思いに突き動かされて、今季、テイラーメイドと新しくクラブ契約を結ぶなど、復活への階段を1段、1段、地道にのぼってきたのだ。

関連記事