Tournament article

昨年覇者の片岡尚之「1人はしんどい・・・」連覇は2人で!!

今度はホストプロとして偉業がかかる。

第1回覇者の片岡尚之(かたおか・なおゆき)が連覇を狙う。

 

大会特別協賛のサトウ食品とスポンサー契約を結んだのは、昨年大会で初優勝を飾ってすぐ。

 

「去年とはまた違う思いで出られることになりました」と、今年は史上初めて前・後半で出場プロが交代する形で行った開幕前日のプロアマ戦では後半の9ホールを石川遼から引き継ぎ、佐藤大裕・大会運営委員をおもてなし。



プロアマ戦で石川遼と恩人を挟み撃ち。気合いが入ります!


 

「普段からよく励ましのメッセージもいただきますし、この試合作りにも凄く熱い気持ちで取り組んでくださっている方。結果でもそうですし、プレーの態度とかでも恩返ししていきたい気持ちです」と、意気込む。

 

昨年大会は史上初となる、完全セルフの電導カートプレーで初優勝を飾った。

「メンタルのセルフコントロールも上手くいった」と、当時はハマったのに今年はどういうわけか、「ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント」で久しぶりに再挑戦したら「しんどかった・・・」と、即ギブアップ。

 

デメリットを感じたのは特にグリーン上。

「外に回ってカートを止めてから自分でボールを拭いて、というその動作に時間がかかっちゃって。同組にも迷惑がかかるし自分のプレーにも集中できない」と今週は、自身のインスタグラムでキャディさんを募集。

 

プロキャディの黒崎光さんを採用し、今年は心強い味方と2人で「期待にお応えしたい」と、気合いが入っている。

関連記事