Tournament article

『i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘』が明日開幕!

2022ABEMAツアー第2戦目となる『i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘』が明日開幕する。

舞台となる筑紫ヶ丘ゴルフクラブ(福岡県那珂川市後野571)は、福岡市中心地からのアクセスも良く、変化に富んだレイアウトが特徴の人気コース。飛距離だけでは制することができないだけに、選手たちは真のゴルフ力が試される。

今回主催者推薦枠で出場する日本大学の@出利葉太一郎さんにとって、筑紫ヶ丘ゴルフクラブは祖父がメンバーだったこともあり、8歳の頃からここで練習を重ね、腕を磨いてきた自身の原点とも言える場所だ。

出利葉さんは2週間前に行われた2022ABEMAツアー第1戦『Novil Cup2022』にも出場し、見事予選を突破して34位タイに入っている。今週は知り尽くしたコースなだけに、ここでの優勝争いを強く望んでいる。

「グリーンが硬くて速くなっているので、ウェッジのスピンコントロールがポイントになると思っています。グリーンのアンジュレーションもかなりあるので、マネージメントをしっかりやって、できるだけピタっと止められる距離で打てるようにしたいです」。

出利葉さんは100ヤード以内のショットがポイントになると考えている。中途半端な距離を残すよりも、ウェッジでフルショットできる距離からセカンドショットを打つ。今週はティショットから綿密なマネージメント力が必要になりそうだ。

プロでの試合を重ねるたびに、経験と自信を積み重ねている期待のアマチュアが波乱を起こしそうな予感がする。