Tournament article

名古屋大学出身のエリート新人も! 県勢が躍動中

62回のリーダーボードで地元・愛知県出身の若者たちが躍動している。

 

2週連続優勝を狙う桂川有人(かつらがわ・ゆうと)は清須市出身。先週のVシーンは推しプロレスラーのキメポーズで盛り上げた23歳が、今週も元気いっぱい。




初日を「65」でまとめ、5アンダーの5位タイと好発進し「もちろん出ているからには優勝を目指しますけど意気込みすぎて、冷静になれなくなるのがちょっといやなので。今まで通りにしてそれが最終日にどうなるか」。

 

桂川と並んだ金子駆大(かねこ・こうた)はまだ19歳。昨季初めてファイナルQTまで進み、ランクは45位に。


 

今季3戦目の今大会では昨年、デビュー戦を飾っており、その後の成長過程を見るのに絶好の機会。

難攻不落の和合に備えてアイアンシャフトをカーボンに変えて「チャンスにけっこうつけられた」と、効果を実感する初日となった。

 

地元名古屋市出身。

自宅から伝統の和合まで車で30分くらいといい、ルネサンス豊田高校時代の先輩・キャディと一緒に大会3年ぶりの有観客開催を味わっている。

 

そして、プロデビュー初日の1番ホールで95ヤードの2打目をウェッジでカップイン。ど派手なイーグル奪取で4アンダー、9位タイにつけた上田敦士(うえだ・あつし)は、地元の国立名古屋大学出身だ。


 

東海中、高校時代は、ゴルフ部で没頭。秋の引退から猛勉強の3ヶ月、センター試験の結果と面接で評価する推薦入試でみごと難関突破した。

 

「勉強が大変でした」と卒業まで6年かけ、選んだ職業が親御さんもびっくりのプロゴルファー。同大学出身者としては初という。

 

2017年の今大会に、大学アマとして出場した際に「みんなに見られて、応援されて楽しめた」と魅了され、今年はついにプロとして初参加。

 

初日、2日は「大好き」と話す藤田寛之と同組で回り、「僕も身長がなくて、大きなゴルフはできない。正確性で勝負するという面で参考になる」。

2日目もベテランの背中をじっと見ながらさらなる上昇を期す。



29日・第2ラウンド中継スケジュール>

CBCテレビ

1355分~1650

 

■ゴルフネットワーク

7時~12時(1番ホール生中継)

 

YouTube(こちらから!!)

1200~最終組ホールアウト(18番ホール生中継)

 

関連記事