Tournament article

気合!気合!気合!マン振り男・成冨晃広が覚醒か!?

10番ホールはワンオン可能なパー4。インコースからスタートした成冨晃広はいきなり そこでO Bを打ち、ダブルボギーを叩いてしまう。首位とは4打差の7位タイからスタートした成冨だが、いきなりのダブルボギースタートに失速かと思われたが、そこから見事なカムバックを見せた。
「OBは打ちたくないですけど、引きずっていてもしょうがないので。ゴルフの調子はいいんですけど、それなのに先週は予選落ちをしてしまって。そうやって考えたら気合が足りないなと思って。大事なのは気合です」。
結果的にこの日は8バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの4アンダー67という内容。通算9アンダーとして首位と2打差の2位タイにつけた。
成冨は1995年生まれの26歳。ゴルフを始めたのは中学3年と最近のプロの中では遅いほう。ただ、剣道2段を有しているほか、ゴルフのためになればと総合格闘技の経験がある。持って生まれた運動神経の良さがゴルフの世界で徐々に開花しつつある。
OBを打っても逃げない心意気の強いスタイルも見ていて気持ちがいい。明日の最終日の爆発に期待したい。

関連記事