Tournament article

貞方章男が日本人最高位の2位タイ

身近な人のたった一言が、その日のゴルフを劇的に変えることもある。午後から、出ていった貞方が、66で回ってきた。特に後半は、強い雨が降る中でもめげずに、2位タイにつけた。

この日はスタート前に立ち寄ったフィットネスカー「プレジャー」の成瀬克弘トレーナーが「いいショットしているから。自信を持って行って来い」。本人は気づかなかったが、前日の練習場で、貞方のショットを見ていてくれたらしく、背中を押されて出ていった。

「今日は、2打目を入れるくらいの気持ちで打てた」と、ショットが絶好調で「ラフにに入れたのも、2ホールくらい」。11番から立て続けに1メートルのパーパットを外して3パットの連続ボギーも、「今日はショットが冴えてくれたので、何よりでした」とそれ以上のケガもなく、16番ではピンそば30センチ。17番では左のバンカーに入れた2打目を、手前3メートルにつけて、あっさりと取り返して上がってきた。

「明日以降もこの調子を持続できれば」。恩人にも良い報告が出来る。

関連記事