Tournament article

ホストプロ! 横田真一は「やっぱり本業が一番です」

今年は主催者推薦による出場権をいただいたホストプロ。大会主催のつるやゴルフと契約する横田は昨季のファイナルQTで予選落ち。2010年以来のシード権はおろか、今季は出場権すら持たず、「もう引退だな、と思ったこともあったけど」。

順天堂大学での研究生活も順調そのもの。“副業”のテレビ解説でも独特のヨコシン節が重宝がられて、軌道に乗り始めていた。
ツアープロは諦めて、いっそもうこちらの道で・・・。そんな思いが頭をよぎったこともあったが、今週はこうしてスポンサーのご厚意で出番をいただき、まして初日と2日目は、石川遼と、宮里優作というスタープロに挟まれラウンドする機会も頂戴して、「やっぱりレギュラーツアーはいいなあ、と」。
ホストプロでなかったら、味わえなかった経験もさせてもらえた。

「予選ラウンドでは遼くんのヘッドスピードが“上がってるぶり”も見れたし、遼くんの成長を間近で見せてもらえた」と、そこはちょっぴり研究生の視線で、「今週は本当に楽しかった。やっぱり“本業”が一番ですね」と、プロ魂も蘇ってきた。

そして最終日は、17番からあがりの連続バーディで西村文延・代表取締役社長を大いに喜ばせることも出来た。
「また機会を作ってぜひツアーに出場したい」。これに味をしめてホストプロには復活への思いを新たにする4日間となった。

関連記事