Tournament article

もうすぐ44歳、手嶋多一は2位タイに沈む

あと10日で44歳になるベテランが、最終日は1万3000人を超える大ギャラリーに圧倒されながらも、若い2人に挟まれ踏ん張った。5番でこの日2個目のバーディで、一度は池田に並んだ。「前半は、途中まで良かったですが」。

池田も目を見張った絶妙の寄せとパットでじわじわと追い詰めたが、池田のあまりの勢いに「途中で2位狙いに変えた」という。

12番で、2メートルの絶好のチャンスを外した。13番ではあわやチップインイーグルのバーディ獲りも、池田のイーグルに再び突き放された。
16番でも2メートルを外して、いよいよ18番は最後の最後に、アプローチが寄せきれずにこの日初ボギーで単独2位さえ逃して「あれは痛かった」と、さすがに悔やんだ。

「勇太は飛距離も出て余裕を持ってやっていましたね」と26歳に脱帽した。
ツアー通算7勝目には、「自分には、まだ何かが必要です」。5年ぶりの復活Vにむけて「こうやって何度か優勝争いする中で、何かをつかんでいければいい」と、思いを新たにしていた。

関連記事