Tournament article

ゴルフ北海道スイングは李京勲(イキョンフン)

JGTO会長の海老沢勝二から受け取った賞金100万円と海外ツアーの出場権。「今から出場が楽しみです」と李
今年も道内で行われる3大会で全勝した選手に贈られることになっていた特別ボーナスの1000万円。北海道のゴルフトーナメントをもっと盛り上げようと、3大会の主催者が手を組み2006年から始まった取り組みも今季、デビューを果たしたルーキーは、「最初はそのシステムを、全然知らなくて」。

だから対象試合の初戦でもあった「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」でツアー初Vを達成したときは無欲で戦えた。
しかし次の「サン・クロレラ クラシック」は周囲にそうと知らされて、「ちょっと意識してしまった」と、22位に終わって1000万円は夢と消えた。

だがまだ美味しい特典は、残っていた。
ゴルフ北海道スイングの“最終戦”にあたるこの「ANAオープン」で好成績を上げれば賞金100万円と、12月に行われるアジアンツアーのタイ選手権の出場権が贈られることになっていた。

「意識しすぎは良くないと分かって、今回は自分のプレーに集中しました」と10位タイに入って、3大会のポイントランキングでは1位につけた。

「北海道は暑い時期に涼しくプレーが出来るし、広くて空気もきれいで癒やされるので大好きです」と、すっかりと惚れ込んだ。「お寿司も大好きです」と今週も寿司三昧で、権利を手にした。

「今まであまり海外の大きな試合に出たことがなかったので嬉しい。ベストを尽くして頑張ります」と、今がベストシーズの北海道から今度は灼熱の国で行われるトーナメントに思いを馳せた。

    関連記事