JAPAN GOLF TOUR 一般社団法人 日本ゴルフツアー機構

unisys

東建ホームメイトカップ

大会記事

片山晋呉の洗濯物を畳んだ男。阿久津未来也の「夢のようなひととき」

食器も洗いましたよ©JGTOimages

プロ3年目の2019年に「AbemaTVツアー」で賞金9位につけて、前半期の出場権を獲得。今年、2シーズンがかりのレギュラー昇格を目指すミッキーこと阿久津未来也(あくつみきや)が初日2位タイの好発進した。

開幕初日から同組の小林と石坂と伸ばしあい、3人で実に18個のバーディを取得。
中でも阿久津は、一番少ない5つにとどまっても、唯一ボギーなしの「66」。

揃って5アンダーで上がるという、なかなかの珍事も「今年は勝つということにこだわっていく。明日こそ、自分が一つでも少なく」。
初Vにむけ、ひそかに競争心を燃やす。

今年、入社して5年目の六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)では、コースの看板を背負うヘッドプロに昇進。
「ゴルフ場業務はもうしなくてもいい、と。自分の練習に専念できる契約に変えてくださった」。

でも、習慣は急には変えられず、引き続き、お客さまのキャディバッグを車から下ろしたり、積極的にお手伝いに励むが「そんなんいいから、試合で結果を」との声には、むしろ期待の大きさを感じて気が引き締まる。

今週、出発前には自分に圧をかける意味でも「優勝してきます」とメンバーさんたちの前で宣言。すると、「プレッシャーをかけすぎてもあかんで」と、逆に気遣われて、苦笑いで出てきた。

初めて専属トレーナーについたり、このオフの様々な取り組みの中でも特に、日大先輩の片山晋呉との宮崎合宿は「夢のようなひとときでした」。

当初、月曜から5日間の予定だったキャンプは、「日本ではピカいちのショートゲームを教えていただいたり、アドレスの向きや、芝の薄いこの時期の打ち方を教えてもらった」と、充実の時間はあっという間に過ぎたが、いよいよ最終日の金曜日に、帰りの飛行機が、なんと欠航に。

「なら、今日はうち来いよ」と、誘われたのが、オフ時期のために片山が当地に購入したというセカンドハウス。
「子どものころからテレビで見てきた憧れの人と食卓を囲んだり、他愛もない話をしたり…」。
一泊二日のお礼にと、マネージャーさんを手伝って、阿久津も食器を洗ったり、洗濯物を畳んだりと、かいがいしく世話を焼き「こんな機会など、まずない。嬉しかった」と、思い出に浸る。

「初日の午前スタートはまだ風もなく、いい雰囲気で回ることができて、このまま勝てたら片山さんのおかげです」。
初日の手応えに、早くもV報告の心境である。

続きを見る

Menu

Unisys Scoring System

このページの上部へ