鈴木 規夫

鈴木 規夫 (70歳)

スズキ ノリオ

Norio SUZUKI

オハヨー乳業

日本

日本

プロフィール

鈴木 規夫

ショットの歯切れも抜群なら、鼻っ柱の強さも右に出る者はいない“九州の若鷹”。その鈴木が、急性肝炎で倒れたのは58年の5月。1ヶ月近い入院生活を経て、6月末から戦線に復帰したが、このアクシデントは、8年続けたシード権を失わせる原因になった。59年「今年こそ」という鈴木は、2試合目のくずは国際で66・67のスコアで幸先よい優勝を飾ったものの、その後は「体をかばうスイングになってしまって」それがパットにも影響し、まるで噛み合わないゴルフの連続。ペプシ宇部、九州オープン、全日空と3度ベスト10入りしただけで、秋は11試合で半分以上の6試合が予選落ち。最終戦まで持ち込んで、なんとかギリギリの39位に飛び込みことが出来た。51年の全英オープン ロイヤルバーグデールに、予選から挑戦し見事通過するや、本戦では初日トップに立ち、あのバレステロスと激しく競り合って10位に入り「日本のスズキとはオートバイだけじゃない」と地元のファンを唸らせたほど。さらに“日本人は当分勝てない”といわれた太平洋クラブマスターズに54、55年と連勝するなど、このころは常にトップ10にランクされていたものだ。56年にはマスターズにも出場している。<1985>

年齢
70歳
生年月日
1951年10月12日
身長
171cm
体重
73kg
血液型
O型
出身地
香川県
出身校
所属先
オハヨー乳業
ゴルフ歴
12歳〜
ツアープレーヤー転向
1972年01月01日
ツアーデビュー戦

パフォーマンス

1995 上位スタッツ

  • 平均ストローク

    Rank
  • 平均パット

    Rank
  • パーキープ率

    Rank

通算成績

関連記事