ブリヂストンオープン 2019

大会ロゴ

大会記事

ガン・チャルングンはまだ見ぬベビーのために

  • photo1

日本に来て2年目のタイ選手が1イーグル、7バーディ、3ボギーの65。27歳の”ガンちゃん”ことガン・チャルングンが1打差の単独2位で初日を出た。

16番パー5のイーグルは、274ヤードの2打目を7Wで、ピン30センチにくっつけるなど、ショットが好調。
「先週までパットの調子が悪かったが、一から練習してきた結果が今日は出た」と、後半は7番からの3連続バーディで、不振も払拭した。

今年3月に籍を入れた6つ年上の妻コイさんは、日本での留学経験があり、渋谷の旅行会社に就職。のちにタイに戻ると日本有数のメガバンクのタイ支社に2年務めたエリート。
だが結婚を機に、仕事をやめ今年はキャディ兼マネージャー兼主婦として支えてくれたが8月に、妊娠が分かって”休業中”だ。

「コイちゃんが担ぐとガンちゃんは必ず活躍する」というデキた仕事ぶりだっただけに、「今年いっぱいは担いでほしかった…」と、そこはちょっぴり年下夫の誤算でも、来年の2月22日に出産予定の女児にはすでに命名済み。
「”ベラちゃん”のためにも一杯、お金が稼げるように頑張る」と気合が入っている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告