RIZAP KBCオーガスタ 2018

大会ロゴ

大会記事

市原弘大がホールインワンを達成

  • photo1

初日の山下和宏に続いて、今季のツアープレーヤーNO.1が快挙を達成した。市原が今度は208ヤードの3番パー3で、自身ツアーでは2度目のホールインワンを達成した。

カップのすぐ手前から、ワンバウンドでカップに飛び込んだその瞬間は目視は出来なかったそうだが「ギャラリーの方が入ったと教えてくれて。嬉しかったですね」。

今季は6月の日本ゴルフツアー選手権でプロ18年目のツアー初優勝を飾るなど、おめでた続きに大会主催の九州朝日放送と、特別協賛社のRIZAPと開催コースの芥屋ゴルフ俱楽部からご褒美の30万円を頂き、ご満悦だった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告