ダンロップフェニックストーナメント 2016

大会ロゴ

大会記事

豪州のカート・バーンズがシード権確保に大きな3位

  • photo1

ケプカと池田の記憶に残るV争いの隣で、ちゃっかりと賞金シードを確保した。自身の日本ツアーは残すところ2試合と土壇場で、美味しい単独3位になった。

4番でのイーグルと、7つのバーディ(1ボギー)を積み重ねて通算14アンダーと、スコアを伸ばした。
今季は先週まで17試合に出て予選通過は8回と「あまり良い年とは言えないが、今週は良い1週間になった」。

バーンズの今大会直前の賞金ランキングは、上位60人から75人の第二シードすらほど遠い91位。
日本ツアー最高総額の2億円のビッグイベントで、一気に50位まで上げて安堵した。
「このままならシードに入れる。嬉しいですね」と183センチチ、98キロの大きな体に大きな喜びを充満させた。


» 前のページに戻る

関連記事

広告