マイナビABCチャンピオンシップ  2016

大会ロゴ

大会記事

ホストプロ、井上信(いのうえまこと)は「来週もお騒がせします」

  • photo1
  • 中川社長(右)! 今後とも、宜しくお願いします。byまこと

2年ぶりの決勝ラウンドは恩人の前で、せめてカッコ良く最後を締めたかった。18番のパー5はしかし、ティショットを左のフェアウェイバンカーに入れた。

そこから見えたグリーン左サイドの速報ボード。
「イーグルなら、3位だと」。
無謀を承知で、7番ウッドを握った。
「頼む、と」。グリーンに届いてくれ、と「目をつむって打ちましたがダメでした」と、果敢な2打目は球が上がりきらずにみごとに土手を直撃して、脱出にすら失敗。

3打目は、さすがに刻むしかなく最後のチャンスホールでイーグルどころか、ボギーの幕切れ。

上がった瞬間、すぐにグリーン右サイドのVIPテントを見上げて帽子を脱いで、ぺこりと一礼。
それでも物足りずに、テントの階段を駆け上がり、人をかき分け社長のもとへ。

5年前からサポート契約を結ぶ株式会社マイナビの中川信行・代表取締役社長に駆け寄り「今年もありがとうございました!」。

度重なる怪我の影響もあり、2014年に2度目のシード落ちをしてからいまだシード権も、出場権すらも取り戻せておらず、社長にも心配を掛け通しだが、今年は04年にはマンデーVを達成したこのホスト試合でやっと自身2年ぶりの予選通過を果たしたばかりか6位タイとしぶとく踏ん張り、復活の兆しを見せることは出来た。

直近10位の資格で、次週は地元千葉県の総武カントリークラブで行われる「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の出場権も獲得して「次も、相性の良いコース。またお騒がせしてみようと」。
2週続きで、スポンサーを喜ばす。

» 前のページに戻る

関連記事

広告