日本オープンゴルフ選手権 2016

大会ロゴ

大会記事

李京勲(イキョンフン)は「心残り」

  • photo1

9月に連覇を達成した韓国オープンに続いて次は、初の日本のナショナルオープンを、と意気込んだ李(イ)だったが、「今日は苦しいゴルフになってしまった」と、悔やんだ。

1オーバーで折り返した後半。再三のチャンスもバーデパットが入らなかった。13番、14番では1.5メートルの好機も、ことごとくカップに嫌われ「あれを決められていたら、流れが変わっていたかもしれない」と、悔やんでも悔やみきれない。
「心残りです」。
自身初の日韓Wタイトルは持ち越された。

» 前のページに戻る

関連記事

広告