マイナビABCチャンピオンシップ 2015

大会ロゴ

大会記事

谷口劇場へようこそ!!

  • photo1
  • 7番でチップインイーグル! カッコ良くクラブを投げて・・・
  • photo2
  • キャッチするつもりが、落っことして・・・
  • photo3
  • 拾いながら、ガッツポーズして
  • photo4
  • 先に拾われたボールを奪い返してもう一度、ボールをカップに入れ直して
  • photo5
  • 改めて拾い直して、イェーイ!!! おしまい。

最終日を前に上位に韓国勢がひしめく中で、気を吐いたのが47歳のベテランだった。6番で、谷口劇場が幕を開けた。左足下がりの2打目を土手に当て、木の下から寄せきれずに、ダブルボギーで火がついた。

「OKイーグルを獲る」。
次の7番で取り返す気満々。
この日も前方にティが設定されて、実測299ヤードのパー4は谷口でも十分に、ワンオン可能だ。

しかし「ドローすると思ったら、まっすぐ行ってしまった」と、次は右ラフからのアプローチに我ながら、泡食った。
「チップインイーグルを、獲ってしまった!」。

思わず空中に放り投げたサンドウェッジをカッコ良く、クルクル回してからキャッチするつもりが取り落とし、ガッツポーズもしないとダメだし、拾わなくっちゃならないし、したいことが一杯あって、しっちゃかめっちゃか。

さて、お次はカップからボールを拾って・・・。

あら、ボールがない!!

ドタバタやっているうちに、同組の黄重坤(ハンジュンゴン)のキャディが、ピンを抜くついでに、拾い上げてしまったのだ。
「なんでひらう(注:拾うの関西弁)ねん!」。

自分で拾って、拍手喝采を浴びながら、ギャラリーに笑顔で応える筋書きだった。狂わされて、憤った。
ボールを奪い返して、もう一度やり直した。

自分の手でボールをカップに入れ直して、“ひらい”なおして、高々と右手をあげて、ようやくいったん気が済んだ。

「気持ちが出過ぎた。年がいってから、子どもみたいなった」とは、18番で決め損ねたバーディチャンスや、連続ボギーにした11番や12番など、「昔はあんなボギーはなかった」と、この日のコース攻略法を反省してのセリフだったのだが・・・。

このオフ、一念発起で始めた肉体改造で、若返ったのは身体だけではなかった。

この日は同組で回った驚異の飛ばし屋、ウォン・ジョン・リーにもスタートから、ライバル心むき出しだった。
谷口とリーが同じ組で回ると知ったI・J・ジャンや、デービッド・オーから前日に、散々言われた。

「ウォン・ジョンの2アイアンはヤバいよ!!」。
「・・・何がヤバいねん。2アイアンには、負けへんかったよ」と、言い返しても、ウォンジョンは、この日も相変わらずドライバーを使ったのは4番と5番だけ。
「もったいない。宝の持ち腐れや!」。

18番のパー5もまたスプーンで打ったリーに、「なんで刻むねん。刻むなら、その分俺にドライバー貸してくれ」と、刻んでなおイーグルを奪った飛ばし屋にも最後の負け惜しみを忘れず、最終日は最終組のひとつ前の“ラス前”に、滑り込んだ。

「今日は一瞬、失速したときには帰りたくなったけど、7番は今日もティが前で、チャンスをくれたので」。
隙あらば5打差から迎える最終日もまた無邪気に、大会2勝目を狙っていく。
「明日ハマれば、まだ分からない」。若い気持ちは誰にも負けない。谷口劇場はまだまだ終わらない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告