ANAオープン 2015

大会ロゴ

大会記事

ピンチ上等! 石川遼が攻めて攻めて攻めまくる

  • photo1

輪厚で最後まで攻め抜くと決めたからには、どんなトラブルにも屈しない。むしろ「今日はトラブルなんて、あったかな」と苦笑いでうそぶくしたたかさ。たとえ曲げても、石川は攻め続けた。6番で、右の林。木に遮られ、高いボールで狙えない。しかし、石川はひるまなかった。

「スイングさせていただければ、パーは取りますという気持ちがあった」。距離はピンまで150ヤード。「6番アイアンで、35ヤードほどスライスをかけて打った」。

低いボールで、グリーンを狙った。10メートルに乗せて、パーを拾って大ギャラリーの喝采も淡々と受けとめた。
どんなピンチも、どんなチャンスにも一喜一憂しない大人の遼。12番でも右の林から、平然とパーを拾った。

この日、唯一ボギーの15番も、12メートルのバーディトライを、攻めた結果だ。1.5メートルもオーバーして3パットも「ドライバーからパットまで。どのショットでも、大胆に攻めていきたい」と言い切った。

最終ホールも、ピンチから魅せた。右の木の根元から、これまた低いスライスボールで左手前のラフまで持ってきた。「キャリーで80ヤード出して、50ヤードくらい転がす感じ」とイメージも完璧に「あと1ヤード、曲がってくれたら乗ってくれた」と、悔しがる間もなく、「洋芝はアメリカでやってきて、どう打てばどう転がるか想定しやすい。今日はアプローチもパーフェクト」と最後も完璧な寄せ。80センチのパーパットで締めくくった。

前日17日に24歳の誕生日を迎えたばかり。「正直、輪厚で2日間、ここまで良いスコアで回れるとは思ってなかった。今のところ、24歳の平均スコアはいいかな」と、連日の68にお祝いムードが続いている。

15番の2打目のミスショットを自ら話題に持ち出して、「右のラフからバンカーに入れたのは、大ダフり」。石川のプレーに随行したラウンドリポーターの佐藤信人の「意外ですね」との実況にも聞き耳を立てていて、「佐藤さんがリポートしてくださったので。中継でもダフったことが、バレてしまった」と、可笑しそうに笑う余裕で3日目にして、ホストプロが輪厚で初の最終組に加わった。

» 前のページに戻る

関連記事

広告