ゴルフ日本シリーズJTカップ 2014

大会ロゴ

大会記事

宮里優作が「十分ですね」

  • photo1

意外にも、昨年覇者が緊張していた。「自意識過剰かもしれないですけど、スタートはなんか凄い見られている感」。そのせいとは言い切れないが、注目を集めたティショットは右へ。「なんとか打てるところにあればいい。パーで上がれればいい」と、110ヤードの2打目をウェッジでどうにか乗せて、ピンまで15メートルのバーディトライは、「寄せに行こうというのが入ってしまった」と、幸先の良いスタートで、連覇に向けて好発進した。

4日間とも晴天続きの昨年とは違って今年は初日から、雨模様の天気に、コースも「まったく違うコンディション。去年はあまり参考にせずに1ホール1ホール、1打1打。探り探り」と、誘惑にも負けなかった。

「奥の、誘うようなピン位置も狙わず慎重に。上りのパットを常に打つイメージでやった」と、コースのセオリーに徹して初日に上々の3位タイ。「十分ですね」。しっかりと射程につけた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告