ゴルフ日本シリーズJTカップ 2014

大会ロゴ

大会記事

宮里優作が「今日は落ち着いてやれた」

  • photo1
  • 連覇も見えた・・・!

両親が応援に駆けつけるのに合わせてこの日は前日の初日よりも緊張感が和らいでいた。連覇がかかる優作が、首位タイに浮上した。

2日目は難解なグリーンと厳しいピン位置に加えて、「僕はティショットが悪かった」。上空には風も舞い、出入りの激しいゴルフも「1回沈んだ流れを、呼び起こせた」。
13番は、460ヤードのパー4。7番アイアンを握った171ヤードの2打目。

「一瞬、ボールが消えたので、奥のバンカーかなと思った」。と、直後に沸き起こった大歓声で、入ったことが分かった。
「それもほとんどキャリーだったみたいで。上手いこと入ってくれました」。
あまりの勢いにカップの縁が崩れていた。
劇的イーグルで、昨年覇者が息を吹き返した。

前日初日は「みんなに凄い見られている感」と、周囲の期待の大きさにおののき、少なからず動揺したものだが「今日は昨日よりも落ち着いて出来て。気負いもない」。史上6人目(7度目、3連覇を含む)の連覇達成へ、優作が好位置で大会を折り返した。

» 前のページに戻る

関連記事

広告