長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2012

大会ロゴ

大会記事

手嶋多一が好調をキープ

  • photo1

1週空いても好調は続いていた。インスタートのこの日初日は、最後の9番で8メートルのバーディを沈めて、4アンダーで上がってきた。

2週前のミズノオープンは、プレッシャーでがちがちだった。所属メーカーが主催する大会では優勝はもちろん、全英オープンの出場権がかかっており、周囲の期待も尋常ではなかった。
そういう意味でも、「あの大会は、本当に苦手で」。
それでも、ベテランはどうにかミズノ勢の存在感を示したいと踏ん張った。
全英オープンの出場権が得られる上位4人に滑り込むには一歩、足りなかったが上がりの4ホールで3つスコアを縮めて5位タイに食い込んだ。

「あの大会なら、優勝したくらいの達成感」。
ここのところ、シード権の確保にも苦労していた43歳が、自信を取り戻すにも十分だった。

「ホストプロとしての責任も果たせたかな」と、その点でも充実感いっぱいで、先週のオープンウィークは、羽を伸ばした。
キャディバッグはなんと、ミズノオープンの会場から、今週はここ北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブに送ってしまって、2歳7ヶ月になる長男と家族サービス。佐賀県の嬉野温泉で、充電完了。
オフにクラブを一切、握らなかった埋め合わせは会場で。
「今週は、ホールアウト後に少ししっかりめに練習して、備えます」。
スイングの型よりも、リズムやテンポ重視の超・感覚派は、それくらいのほうが、ちょうどいいようだ。




» 前のページに戻る

関連記事

広告