長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2012

大会ロゴ

大会記事

プラヤド・マークセンがコース新を記録

  • photo1

思わぬ臨時収入に、微笑みが止まらない。タイのプラヤドマークセンが、コースレコードを更新した。最初の兆しは、前半18番パー5で、まずはイーグル賞の50万円を、手に入れてからだった。
スプーンを握った270ヤードの第2打が、左4メートルにくっついた。

「昨日までショットが左右に散らばっていたんです。それで、僕はヘッドの向きや重心位置を自分で変えられるドライバーを使っているんですが、今日はフック目にしてみたんです。そしたら凄く良くなって・・・」。

後半から乗りに乗り、持ち前の攻撃ゴルフに火がついた。3番から怒濤の5連続バーディで、9アンダーの63はザ・ノースカントリーゴルフクラブのコース新記録を樹立しながら、なお「あと4つはチャンスがあった」というから、その勢いといったらなかった。

イーグル賞ばかりか、セガサミーホールディングス提供のコースレコード賞の100万円をも手に入れたら、使い道はもう決まっている。

2週後に迫った全英オープン。
今年3月に、母国タイで行われたアジア予選を通過して、2年連続5度目の権利を得ている。

「飛行機代に、ホテル代・・・。今回は、コース近くに一軒家を借りようと思っているんです。当週のイギリスは凄く物価が高いし、本当に助かります」と、さっそく旅費の足しにする。

「リンクスコースは天候やコンディションがとても厳しいので、まだ一度も予選通過をしたことがない。今年こそはと思っています」。渡英前に弾みがつくこの日のトップ10入りとなった。






» 前のページに戻る

関連記事

広告