ダンロップフェニックストーナメント 2011

大会ロゴ

大会記事

武藤俊憲が史上6人目の日本人チャンピオンに

  • photo1
  • 「青木さんが忘れていた僕の長所を思い出させてくれた」と、最終日はことごとくピンを刺す。精度の高いショットを連発!!
  • photo2
  • 「勝てなかった2年は長かったが一緒に苦しい思いをしてくれた小田さんにお礼が言いたい」と、専属キャディに感謝した。
  • photo3
  • 日頃から何かと武藤を気に懸けている谷口徹(右)も「確かに武藤が勝つときは、いつもあんな感じ」と最終日は弟子の自己ベストの63の大爆発を称えた。
  • photo4
  • コース新にも迫る63も、最後の締めはボギーの幕切れには「カッコ悪くてスミマセン!」と、最後まで声援を送ってくださった大ギャラリーにも詫びずにいられない?!
  • photo5
  • 「世界の強豪が集まるこの大会は出られるだけでも光栄なのに」。チャンピオンブレザーの栄誉、優勝カップの重みに改めて感無量・・・!!

強豪ひしめく海外からの招待選手も度肝を抜いた。最終日は、2つ前の組で8アンダーの63。前半ハーフの30で、あっという間に追いつかれては、スペインのカスタノも、この日最初のバーディが12番では遅すぎた。「彼に敬服するしかない」と、手も足も出なかった。

「バーディをたくさん獲って、下から追い上げて“勝っちゃった”というのが僕の持ち味」と、得意の勝ちパターンに胸を張る。4打差からの逆転Vに、並みいる海外勢を見下ろせば、「今日は2歩も3歩も前に踏み出せたと思う」と、自信もますます深くなる。

まして大会は38回という長い歴史の中で、史上6人目の日本人Vには「ここでプレー出来るだけでも光栄なのに」と、喜びも深くなる。

2008年から2年連続でトータルドライビング1位。飛んで曲がらない男が「忘れていた長所を、思い出させていただいた」と感謝した途端に、2年ぶりの復活V。

水曜日に練習場でたまたま会った青木功。「お前はそんな打ち方をしていなかった」と、やにわに言われた。クラブを掴まれ、肩や腕を押さえつけられ「そうじゃない!」。熱血指導は1時間。10項目以上にも及ぶダメ出しは「すべて僕らプロにしか分からない感覚」。改めて言葉にしろと頼まれても苦しいが、「お前は体を動かしてボールをコントロールしていけとか、もっとスムーズに振れとか」。

折しも、散らばる球を制御しようと取り組んでいた武藤の狙いを、青木はちゃんと見抜いていた。それに見合う数々のヒントの中でも特効薬となったのは、「左の小指から、ヒジのラインで打て、と」。専属キャディの小田亨さんも、「僕には意味がさっぱり分からん」とつぶやいた迷言も、青木はとりわけ満足そうに、「お前には、こういう言い方が合ってるんだな」。

さっそくの修正も、初日こそ「一夜漬け」の失敗もあったが、3日目の中止を挟んで4日も経てば、もはや難コースも難条件も、苦にもならない。世界ランカーさえ悩ませたこの日の強風。「海からのは重いけど、陸からの風なら対応出来る」と武藤には、そよ風にもならない。

精度が増したティショットはことごとくフェアウェイを捉え、アイアンはピンを刺す。奪った9つのバーディも、一番長くて15番の6メートルくらい。「あとはほとんど2メートル以内」という隙のなさ。

11番で左林のピンチもOKパーでしのいだ。12番でまた左も、7メートルのパーパットが決まると、「これで優勝出来るというお告げのような」。3打差首位で確信すれば、なおさらガムシャラに振る必要もない。17番パー3は「7割の力」で巧みに操った5番アイアンが、またもやピン奧2メートルにからめばもはや勝ったも同然だった。

反面、最終18番は左ラフからアプローチのミスでボギーの幕切れには、これまた青木から容赦ないゲキ。「下手くそ!」と罵られても、おっしゃる通りでございます。
「バカ野郎!」と、叱られたのは昨年。勝てなかったこの2年間は、数々の記憶の中でも特に10月の日本オープンは、いま思い出しても悔しい。最終ホールのダブルボギーでみすみす日本タイトルを逃した。10メートルのバーディトライを4パットした。その年の暮れに、青木のホームコースを訪ねて「あれで良かったのか」と問うた武藤に、「入れたい気持ちは分かるが2パットでいいや、と思って入るパットもある」と、青木は言った。

「勝とう、勝とうの優勝もあるが、勝っちゃったという優勝もある」。ガツガツ行くだけが、能じゃない。勝負の駆け引きを説いた言葉がいま、身に迫る。

そして言葉は厳しいが、いつも自分を気にかけ、可愛がってくれる人がいることの有り難さ。この日は18番で、ペットボトルの水を2本も持って待ち構えていた谷口徹も、またそんな存在。頭から浴びせかけられ、「目が冷めたやろう」と、43歳のベテランが手荒い祝福でいたずらっ子の笑み。
「寒い、冷たい、パンツまで濡れた」と文句を言う弟子。それでも帰りの飛行便すら押して待っていてくれた“師匠”の心意気が嬉しい。

もっともひとつ残念なのは、大会は94年以来史上2度目の競技短縮となったこと。54ホールの戦いは主催者のご厚意で、選手には全額が支払われるが、賞金ランキングへの加算は規定により75%となる。
この1勝で賞金ランクは6位に浮上も、3位の谷口を抜き損ねた。「今週の目標だったのに残念」と、地団駄を踏んだが、今年はまだ2試合が残っている。

「きっちり抜きたいと思います」と、いつも口厳しい師匠に改めて闘志メラメラ。「せっかく青木さんのおかげで良くなったし、これから3連勝するくらいの気持ちで頑張ります」と威勢よく、実現すれば大逆転の賞金王も夢じゃない。「あら獲れちゃった、なんて最後も言えたらいいですね」と、本人もまんざらでもない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告