コカ・コーラ東海クラシック 2009

大会ロゴ

大会記事

初のドーピング検査を実施

コカ・コーラ東海クラシックの最終日終了後に、国内ツアーでは初となるドーピング検査を実施し、ホールアウト後に無作為に選んだ4選手が検査場に並んだ。

専門医の立ち会いのもと、採取された検体は空輸便で米国の検査機関に送り、約1週間後に結果が出る見込み。
陽性の場合は当該大会を失格とし、賞金や副賞は没収され、初回は1年以下の出場停止などの処分が課せられる。

» 前のページに戻る

関連記事

広告